• ストレスチェックについて

    • 色んな企業や業務内容が有ります。

      どんな業種に就いていても仕事のハード差や人間関係等の複雑な部分が有ります。
      その会社に就職している人のみが分かる心理的負担や業務内容のハード差で身体的疲労感等仕事をしている上では有る程度は至極当然な事かもしれません。

      最近のストレスチェックに関する情報が閲覧できます。

      しかし、一定の枠を超えてしまうとそれはストレスとなってその日の内に消化してしまう事は出来なくなってしまいます。

      待望のOKWaveをわかりやすく説明しています。

      そんな状態で毎日の仕事を繰り返して行っていると次第に精神的疲労が増えていき、胃部不快等の身体症状にもなっていく可能性も有ります。


      企業としては働く人のストレスチェックを定期的に行っていき、その原因となる理由を知る事とストレスの緩和につながっていく対応をすべき事になっていきます。せっかく仕事を覚えてもらっても日々の過酷な勤務内容等で退職をされる様な結果になる事を防ぎたいと重いからです。
      一年に二回〜数回位のストレスチェックを行ってもらい産業医に確認をしてもらう事が必要になってきます。


      事務系等の業務内容の方もそうですが、医療関係や施設での介護を行っている介護士等はよくこのストレスチェックで不平不満を持っている事が多く認めて有ります。


      介護を行いながら、実際には処置をする事は出来ませんが、異常の発見等の普段との違いなどの発見も行っていく事も理由になっていくのかも知れません。



      職種の違いは有っても機械を相手にする仕事と人の対応等の業務を行っている人は精神的・肉体的疲労感がストレスになっていく事は間違いありません。


  • よく解る情報

  • 知識を増やす

    • ストレスチェック制度で、事業経営の好循環をつくる

      ストレスチェック制度は、従業員を50人以上雇用している会社に実施が義務付けられた、厚生労働省が施行している制度です。労働者を守る側面が強い制度ですが、活用の仕方によっては、事業者を守る側面もあり、好循環経営につながります。...

  • 医療入門・注目情報

    • ストレスチェックに関する助成金

      ストレスチェック制度は、会社などで雇用されている労働者が抱えているストレスの状況について、定期的なチェックを行うとともに、本人に対してその結果を通知する制度です。このことによって、本人のストレス状況についての気付きを促すとともに、職場の課題を把握し、改善することを通じて、メンタルヘルスにおけるリスクを低減させるという効果を狙っています。...

    • ストレスチェックの必要性

      年功序列制、終身雇用制といった背景のもとでは、多少は我慢しても年齢を重ねるたびに役職や給料が上がって、また定年まで働き続けることができるため、ノルマノルマと言われてクリアできなくても、別の部署に異動になったりとひとつの企業で働き続けることができる環境にありました。ところが欧米的な働き方である実力主義が日本企業にも浸透してきたために、できる社員は転職をして自分の待遇を改善したりと企業に勤務する社員の流動性が高くなりました。...